遺書と株安

野球しぶとい。
巨人が優勝してやっと終わったと思ったら、なんかまだやってるし・・・・
うちのお父さんはテレビ見ながら、
「巨人負けろ~~!」って祈りながら、屈折した応援?をしています。
あたしは見たい番組が中止になっちゃうから、早く終わってほしい。


昨夜、近所に住んでるお爺ちゃんのお友達が、遺書を残して消えた。
年齢80歳くらいの、いつもニコニコした人でした。
あたしは挨拶を交わす程度の人で、あまりよくは知らないお爺さんでした。
ご近所のみなさんで大捜索のすえ、3時間後に無事発見。
公園でビール呑んでたところを保護したそうです。

翌日うちのお爺ちゃんと一緒に、お見舞いっていうか様子見に、そのお宅へ伺った。
憔悴した表情でうな垂れている姿を見て、とても寂しい気分になった。
うちのお爺ちゃんも一緒の感想を得たのか、何も言わずに帰ってきました。

失踪した原因は、不景気のせいで、工場が立ち行かなくなったらしい。
おまけにここ最近は、世界同時株安で大損したそうです。
工場のお仕事はあるそうですが、発注先からのお金の入金が遅く、
銀行から借り入れして、社員の給料を払ってる状態だったらしい。
疲れた表情がすべてを物語っていました。

その人の工場は、国からの注文で、潜水艦の部品を作るのが主らしい。
でも、最近はその潜水艦が1艘だけ廃艦になったそうです。
それで少し仕事が減ったとか。
日本のエライ人ってバカだね。
あれだけ中国の潜水艦が日本近海に無断で侵入してきてるのに、
なんで廃艦するのよ。
もっと増やせっての。

いまの日本は不景気にどっぷり浸かって、もう何が正しいのかわからなくなってる。
うちの会社は各地に発電所を作ってるのを主にしているので、
さすがにこれが閉鎖されることはないでしょう。
日本がダメなら外国から注文受ければいいし。
そういう意味で、うちのお父さんなんかは毎日気楽にゴルフしているが、
もし何かの歯車が壊れたら、一気に地獄に落ちることもあるでしょう。
あたしは今まで気楽に生きてきたけど、
もしかしたら人生って怖いモノなのかもしれないと思った。

そんなことを考えながら学校から帰ってきたら、お父さんが1人で祝杯をあげていた。
なにやら今回の株安で、アホほど儲けたそうです。
詳しくしらないけど、株が下がれば下がるほど儲かる仕組みがあるらしい。
そういえば、最近は会社にも行かず、月曜の会議もすっぽかして、
うちの書斎から出てこなかった。
お父さん引き篭もりになったのかと思ってたよ。

今回の株安は、タイミングよく売ったり買ったりを繰り返せた人には、
そうとうウマイ話しだったみたいね。
ただ、残念ながらお爺ちゃんは失敗したらしく落ち込んでたけどww

「お父さん今回は大成功やったからなぁ、欲しいもん買うたるわ」
「あたし今は特に欲しいもんないわ」
「なんかあるやろ。なんでもエエで」
「急に言われても出てこうへんって・・・・う~~~~ん・・・・・・
 あ、そうや。部屋の蛍光灯が取り替えサイン出てたから蛍光灯買ってきて」
「おつかいかっ!」

じっくり考えたら何か欲しいものくらい出てくるでしょうが、今はとくに欲しくない。
近所のお爺さんの憔悴した顔を見た後なので、
贅沢することに罪悪感を感じてたのかもしれない。
上手くいく人もいれば、失敗して死ぬことを選ぶ人もいる。
失敗する怖さを身近に感じ、
なんだか浮かれてるお父さんが悪い人のように見えた。

やっぱり今回は、何も買ってもらわないようにしよう。
そもそも、そんな気分じゃないしね。
お父さんにはハッキリと、「いらない!」って言うわ。
でも、蛍光灯は交換してもらわなきゃね。
[PR]

by nonomiroom | 2008-11-06 22:28