お鍋

今日はお父さんが晩ご飯つくってました。
お父さんが作るのは、基本自分がお鍋を食べたいときです。
自分で味付けして好きなようにするから、
たまに味が辛くなるときがあって迷惑なんですよね。
キムチ鍋とか作られた日には、お鍋が真っ赤で毒々しい。
あたしもお母さんも食べられたモンじゃありません。

今日は寄せ鍋だったから良かったけどね。
それでも横から口うるさく支持出してくるから、食べ終わるまでウザくてしょーがない。

最後の〆に、あたしは乾麺入れたいって言ったのに、
お父さんはご飯入れて雑炊にするって言うし。

結局お父さんの言うとおりに、雑炊にされました。
寄せ鍋は味噌ベースだから麺が美味しいのに・・・・・
まぁ雑炊も美味しかったから良いけどね。

でも、とにかく口出しされてご飯食べるのは鬱陶しい。

「ゴマ入れたか?」 とか。 
小皿見たら入ってるのわかるでしょ眼みえへんのか!

「その肉はいま食べたら1番美味しいで」
うっさいわそんなんあたしのペースで食べたいときに食べるわ!

「ミツバは体に良いから食べたほうがいいで」
あたし香草類は苦手って知ってるでしょ!

「雑炊は玉子4つ入れよう。玉子多いと美味しいからな」
アホか入れすぎでしょ! 溶いた玉子が浮いて卵焼きみたいになってるやんか!

ホントにムカつく。
もうそろそろ温かくなるからお鍋も終わるし、もう少しのガマンだね。




男子高校生の日常みんな見てますか?
あたしは毎週見てます。
ショートコント構成が良いよね。

1番好きなのは、文学少女のシリーズです。
やはり1本目が良作だったけど、7本目も最高に良かった。
以前にここで1話アップしたから、文学少女の1本目はみんな知ってるでしょうから、
今日は良作の7本目をアップします。

3分ほどの短いコントだけど、ぜひ見てくださいね。

[PR]

by nonomiroom | 2012-03-12 22:02