<   2007年 10月 ( 26 )   > この月の画像一覧

近況

ポッキーに会ったよ。
引越ししてたんだって。
そりゃ仕方ないよね。
これからまた来るからよろしくって言ってた。
辞めちゃったかと思って少し心配してたけど、帰ってきてよかったよかった。
これからも、よろしくん。

じーちゃんに誘われて始めた『大航海時代online』ですが、
まっっったく意味がわかりません。
ホントに面白いの??
あたしはヴェネチアで商人やってます。
名前はのの姫ね。
じーちゃん会いに来てよ。
そのとき、お金頂戴ね。
大きい船に作り変えたいし、いろんな服着たいから。
一応、学校みたいなとこは卒業して、商人の基礎は覚えたけど、
それだけではゲームの面白さがわかんない。
人少ないし。
たぶんこのままでは14日間の無料期間過ぎたら止めちゃうよ。
じーちゃん、あたしに止めてほしくなかったら、お金持って会いに来なさいww

今日、お父さんが防犯ベルをくれた。
痴漢や誘拐犯に会ったらコレを使いなさいって。
小学生じゃないんだから、今更こんなの持ってもな~って思ったけど、
邪魔になるものでもないし、ポッケに入れて持つことにしました。
最近、芦屋や神戸では痴漢が流行ってるらしい。
流行るなよそんな迷惑なもん。

そういえば中学2年の頃に、あたしは学校の近くで痴漢を見たことがあります。
遠くから20歳すぎたくらいの男の人が、自転車で走ってきたの。
まったく普通の人なんだけど、どこかがちょっぴり変。
違和感があったの。
その人は、そのまま自転車であたしとすれ違ったんだけど・・・・
その瞬間!
あたしはビックリして悲鳴を上げた!!
なんとその人は、下になにも履いてなかったのよ。
上はTシャツなんだけど、下はすっぽんぽん。
遠くから見てどこか違和感があったのは、そのせいだったのね。
あたしの悲鳴を聞いた男の人は、チラッとこちらに視線を向けた後、
お尻をキュッと上げて全速力で走っていった。
あのお尻は未だに忘れられません。
ちょっとしたトラウマってやつ?

そんな事件があったので、防犯ベルは大事に持っておくことにします。
しかしあの変態さんは、なんですっぽんぽんだったんだろう?
謎です。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-31 01:49

書けなかった部分を

昨日は長文になったから、書けなかった部分を今日書く。

康太君を連れてダンス喫茶から出た後、あたし達は生徒会室へ向かった。
踊ってる最中においを嗅ぐために、康太君に擦り寄ってたから、
なんか変な誤解されてそうだったので、ここで1人中に入れたほうがいいかな~と。
1クッション置いて話したほうがいい時ってあるのよ。

生徒会長の家は造船業をやっていて、康太君の家は汽船会社。
そういうことで、会長と康太君は小さい頃の顔見知りだそうです。
あんな会長でもたまには役に立ってもらわなきゃ。
生徒会室の扉を開け、中に入ったあたし達。

・・・・・あれ? 会長いない。
トイレかな?

ちょいと待ってたら帰って来るでしょう。
あたし達は来客用のソファ-に座って、会長の帰りを待つことにした。

う~~ん・・・・ このシチュエーションは、まずいかも?

だってね、さっきまで身体を摺り寄せて、次は人気の無い場所に連れて来たのよ。
これは完全に誤解されるでしょ??
会長は普段ず~とここにいるのに、必要なときにかぎっていない。
ホント使えないやつだ。
あたしは康太君を連れて、すぐに会長室を後にしました。

その後、会長はカラオケ大会の舞台の上で見つけました。
半キレになりそうな自分を抑え、会長のお尻をツネリながら、生徒会室まで強制連行。
ごめんなさい!ごめんなさい!と、謝る会長はちょっと可愛いかったけど、
だからと言って見逃すわけにもいかない。
まぁね、みんなが楽しそうにしてるのに、1人だけ生徒会室に篭ってるのはツライでしょうね。
適当に時間見て、差し入れ持って行くと約束したら、会長は機嫌よくなった。
あたしの機嫌は治ってないけど。

ベンチに座って康太君のニオイを嗅いだ後、校門まで見送ったあたしは教室へ戻った。
クラスのみんなが結果を待ってるから。
戻って教室に入ると、一般のお客さんの姿はない。
和風喫茶っていう地味な喫茶店だったから、ほとんど誰もこなかったらしい。
みんな振袖着て気合入れてたのに残念ねww

あたしの姿を見たみんなは、クスクス笑いを浮かべていた。

 「・・・なに笑ってんのよ」
 「のんちゃんって大胆よね~~プッw」
 「あんたたち・・・・もしかして見てたの!?」
 「だって窓から外見たら、のんちゃんが居たんだもん」

∑@( ̄□ ̄;)@ ガ~ン!!
そうでした・・・・
あたしが康太君を誘って座ったベンチは、教室のすぐ真下でした。
迂闊だった! バカ! あたしのバカ!!

 「あんた達、どこまで見たのよ・・・・」
 「ここまでwww」

そう言って、みんなは1枚の紙切れをあたしに差し出した。
その紙切れは、写真でした。
康太君があたしの首筋に顔を埋め、あたしが硬直してる瞬間の写真。
これでもかっていうくらい、正面から鮮明に写ってました。
いつの間にこんな近くに寄ってたのか・・・・
あたしは全然気づきませんでした。
こいつら普段はボケボケのくせに、こういうときだけメタルギアのスネーク並みの、
スニーキングを見せやがる・・・・

全員の頭を1発ずつどついた。
写真を撮ったバカは3発。
ちょい泣きそうになってた子もいたけど、そんなの知ったこっちゃない。
泣きたいのはこっちだ。

写真は破いてやろうと思ったけど、出来ませんでした。
康太君の写ってる写真を破るのは失礼なことだし、
なんていうか・・・・こういうのも悪くないかな~~~って思ったの。
だって写真としては凄くいい感じだったから。
被写体が自分ってのが気に入らないけどね。
自分が写ってる写真を褒めるのはバカみたいねww
あたしそこまで自意識過剰ではありませんよww
ああ、でもね、写真はデジカメだったから、メモリースティックのデータだけは消させました。

写真はそっと持ち帰って、今はあたしの机の中に入れてます。
飾るのはハズいから。
落ちついたら今ならみんなに、写真ありがとうって言えそうです。
みんなはイタズラ半分、応援半分で写したそうです。
確かにイタズラで撮れる構図じゃないし、なんだか温かい気分にさせてくれる。
明日学校に行ったら、お礼を言おうかな~。
いや、止めておこう。
あいつらはすぐ調子にのるから。
もう一発ずつドツクくらいの感じで行ったほうがいいかもww
照れ隠しにね。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-30 02:36

好きな人のニオイ

何故か妙に反応が大きかったので、「耳の匂いは甘いのか実験」の結果をここで。

土曜日の朝、学校に着いたあたしは、そのまま生徒会室へ向かった。
教室に行くと、みんながうるさいから。
しかし、あたしの考えなど簡単に読まれ、校舎に入った瞬間捕まり教室へ強制連行された。

 「のんちゃん! さり気なく匂いを嗅ぐ、いいアイデアが出たよ」
 「うそつけ!耳の匂いをさり気なく嗅げる変態なんかになりたくないし、
  あたしはそんな事ヤルなんて一言も言ってない!」
 「みんなで囲んで押さえつけて嗅ぐってのはどう?」
 「聞けよ人の話しを!! だいたいそんなことして康太君のトラウマになったらどうすんのよ!」

わかってたことですが、バカはいつも力技で物事を解決しようとします。
話しが変な方向へ行くまえに、何とかしなくては・・・・
今更イヤとは言えない雰囲気だし、ここはもうヤルしかないのか。
でないと、コイツ等マジで康太君を取り押さえかねない。
みんなに自分のやり方で解決すると誓い、あたしはその場を飛び出した。

さぁ・・・本格的に困ったことになりました。
一晩経ったら、みんな耳の匂いのことなんか忘れてるかな~と、少し期待してたのですが、
あいつらバカのクセに、こういうことだけは忘れないのよね。
とにかくクラスの友人に絡まれると面倒なので、校門で康太君を待つことにしました。

校門入り口では警備員のオジサンが、来場者をチェックしていた。
うちの学校の文化祭は結構人気があって、チケットがネットオークションで売られている。
中には怪しい人もいるので、警備は欠かせないそうです。
生徒会役員はクラスの催し物には参加せず、警備を手伝うことになっている。
適当にフラフラ見回ってたらいいだけなんだけど。
あたしは警備室の受付で、オジサンにお茶と和菓子貰ってぼ~と来場者を見ていた。
饅頭を2個一気食いして、お茶をグビグビ飲んでたら、
こっちを見ながらニコニコしてる顔が1つ・・・・・
はい、康太君です。
来るの早いって!!!
まだ心の準備が出来てないし、饅頭も喉を通ってないし・・・・・
あたしは無理矢理お茶で饅頭を流し込み、慌てて警備室から出た。
康太君には変なとこばっかり見られてます。

 「ずいぶん早くない?」
 「早起きして新幹線で来ました」
 「はぁ・・・そうなの・・・・」

あたしが康太君に、「文化祭があるから遊びにおいで」って電話したのが水曜日。
中学生なのに朝早くから一人で新幹線に乗って、あたしに会いに来てくれたのは、
本当に嬉しいことなのですが、その真の目的は、この子の耳の裏の匂いを嗅ぐこと。
あたしは悪人です。
あたしを見て嬉しそうに笑う康太君。
今はその笑顔が心にグサッと突き刺さる。

二人で適当に出店を見て周りながらも、あたしの頭の中は、
様々なシチュエーションを考えていた。
さり気なく、尚且つスムーズに匂いを嗅ぐ方法は一つだけある。
あたしはそれを実行に移しました。

2年の教室で、ダンス喫茶ってのをやっている。
お茶飲みながら、ダンスを踊るといういまいちな企画だけど、あたしにとっては好都合。
ダンスを踊っていると、自然と抱き合う形になるので、ちょっと顔を寄せれば、
そこには康太君の耳の裏があるって寸法。
あたしは康太君を連れて、その教室へ入った。
すでに何人かが踊っている。
あたし達は少し紅茶を飲んだ後、ホールの隅っこで踊ることにした。
周りで踊っているのはみんなうちの生徒。
ここが女子高の悲しさで、みんな女どうしで踊っている。
それだけに康太君は目立つ。
なるべくみんなの視界に入らないように隅へ隅へ移動するように踊りました。

さぁ! 耳の匂いは甘いのかな~と、あたしは顔を近づけた。
・・・・・がしかし!
康太君は中1のクセに背が高い!
って言うよりあたしが小さいのか。
あたしの鼻は、康太君の耳まで届きません。
明らかな失敗でした。
それでも背伸びしながらがんばっていると、康太君のダンスが緊張し始めた。
それもそうか。
あたしが身体をグイグイ摺り寄せてる状態だったもんね。
こりゃ変な誤解されたら大変だと思い、あたしはさっさとダンス喫茶を後にした。

その後は何事もなく二人で遊び、楽しい時間がゆっくり過ぎていきました。
お昼の2時。
康太君がそろそろ帰らなきゃいけない時間。
もうココしかない!
ベンチに座って談笑しながらも、あたしの心臓は凄まじい鼓動を打つ。
覚悟を決めました。
ヘタな小細工などしないで、ハッキリ言うことにしました。

 「康太君」
 「はい、なんですか?」
 「あのね、あたし達はまだ結婚とか恋人とかってそういう関係じゃないけど、 
  一応あたしは康太君のことが嫌いなわけじゃないの」
 「・・・・・はい」
突然の話しに戸惑う康太君ですが、今は細かいことに構ってるヒマはない。
 「恋人って事とは違うんだけど、形としては・・・何ていうか・・・なんなんだろう?」
 「まぁ・・・婚約者って形じゃないですか?」
 「婚約者ってことを認めてるんなら・・・・あたしのことは嫌いじゃないよね?」
 「はい」
 「あたしも嫌いじゃないからね」
 「はい」
 「それでね・・・・好きな人の匂いって知ってる?」
 「・・・・え?」
 「好きな人の匂いって甘いらしいのよ」
 「そうなんですか?」
 「というわけで、康太君の匂いを知っておきたいの」
 「ええええ!!!!」

ココまで来たら、もう後には引けない!
あたしは自分でも分かるくらい、顔を真っ赤にしながら、一気に康太君の首筋に
顔を近づけた。

その瞬間、体が雷で打たれたような、ハンマーで殴られたような、
なんとも言えない衝撃が身体を走った。
しかし次の瞬間には、安らぎとも幸せともいえない不思議な安心感が、
あたしの身体を包み込みました。
衝撃です。
こんな感覚は、産まれて初めてです。

康太君の首筋から顔を外し、少しぼ~としながら、
ベンチにへたり込んだあたしは、また強い衝撃を迎えた。
なんと! 康太君があたしの首筋に顔を埋めて来たのだ!!!
なんでーーーーーーーーー!!!!!
いや・・・話の流れではそうなるか。
お互いがお互いの匂いを知らなければ、意味が無いってことよね。
さっきより更に硬直したあたしは、そのまま気を失いそうになりました。
ホント心臓に悪い。

その後、康太君は帰っていきました。
今度あの笑顔を見るのはいつになるのか?
また近いうちに会いたいような気もするけど、ちょっとハズかしいような気もする。

匂いの結果をまだ言ってませんね。
結論は、「耳の裏の匂いは、まったくしません!」
甘い匂いなど皆無でした。
aikoのうそつき!
でもね、あたしは確かに甘い匂いを感じることは出来ました。
好きな人のニオイは、ニオウのではなく、感じるものなのだと知りました。
鼻ではなく、心で知るものなんでしょうね。
あたしはまた1つ、大切なことを学ぶことができたと思います。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-29 03:07

カジノガルドランクアップ記念コンペ 閉会式

カジノガルド ランクアップ記念コンペが、本日終了致しました。
閉会式に御集まりいただいた皆様、お忙しい中まことに有難う御座いました。
残念ながら閉会式に参加できなかった皆様へは、魔天使より後日賞品をお渡し致します。
また、最近になって入部されたメンバーの方々は、
コンペに参加出来ない状態でしたが、今後は更に大きなコンペを開催予定ですので、
次回、奮ってのご参加をよろしくお願い致します。
他所のギルドと対戦する『ギルド対抗戦』、またカジノガルド内での『トーナメント戦』、
多数の企画を只今模索しております。
今後もカジノガルドをよろしくお願い致します。
皆様のご助力に支えられ、カジノガルドは更に大きく成長するでしょう。
大手ギルドになるには、まだまだ時間が掛かるものですが、
カジノガルドは現在のところ着実に成長しております。
新メンバーも増え、既存メンバーの実力も上がり、これらのすべてが順調です。
設立より4ヶ月程の月日しか経っておりませんが、
今後の大きな成長を夢見、一同全力で邁進することを期待します。
本日は誠に有難う御座いました。


                                       平成十九年 十月 二十七日
                                              2ch 広場前にて 

画像をクリックすると、別窓で大きく表示されます。
b0111846_38479.jpg
 


b0111846_310256.jpg
        


b0111846_3112413.jpg

[PR]

by nonomiroom | 2007-10-28 03:13

そろそろ終了?いやいや、これからでしょ!

うっきー(ニャゴラ)が、カジノガルドのちゃんとしたサイトを作ってくれるそうです。
今まではあたしが運営してる、この日記だか何だか分からないブログや、
ちょっぴり本格的なドンちゃんのブログだけでした。

普通のホームページって作るの難しいのよね。
ブログと違っていろんなことが出来るけど、その分様々な知識も必要となります。
あたしじゃそんなの作れない。
ショットオンラインの公式サイトには、たくさんのギルドのサイトがリンクされてます。
うちもいつかはそこにバナー貼りたいな~って思ってたのよね。

それが今回、うっき~が作るってくれるそうで、あたしもほっと一安心。
だんだん本格的なギルドになってまいりました。
あと1ヶ月ちょっとでランクEに上がりそうだし、
いろんな意味でかなり順調じゃないかしら。
新メンバーもドンドン入って来てるし、これからが楽しみですよね。

本格的なサイトが完成するので、
あたしの運営するこの『カジノガルドの放課後ブログ』が、必要なくなりました。
うっき~のサイトと、ドンちゃんのブログで、連絡事項は流せるしね。

そういうわけで、このブログは本日を持って終了致します。
・・・・・・と言うわけにはいきませんww
このブログは、今後も続けていくつもり。
だって日記を書くのは楽しいし、みんなの反応が面白いし、
文章を書くのが趣味なあたしにとって、ここは絶好の遊び場所なんですから。

これからはギルドブログではなく、あたしの個人的なブログとして運営していきます。
もちろんギルドに関する情報や、新人の紹介もしますよ。
ただ、これまで以上にあたしの趣味に走った内容になると思います。
だから、うっき~のサイトとリンク貼るかどうかは、まだ検討中です。
だって、個人的な事を書いてるところに、まったく知らない人が来たら、
なんか怖いでしょ。
あたしのゲーム内の友達だけが来るブログとして、これからもがんばって運営します。
そういうわけで、みなさんもカキコミよろしくね。
あたしの一方的なブログではなく、みなさんとの相互関係が大切です。
このブログを長く続けるために、文字のキャッチボールをよろしく♪

                                    be with you
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-27 02:36

aikoが好きだったけど、今現在は・・・・・

あたしは最近ある疑問に直面し、その疑問をクラスのみんなにぶつけてみました。
クラスの何人かは、知ってる人がいるかもしれないと期待して。

あたしはaikoの歌がとっても好き。
カラオケでもこればっかです。
そのaikoの曲で一番好きなのが、『カブトムシ』なんですが、
ある1節にいつも疑問を持ってました。

  少し背の高い~ あなたの耳によせたおでこ~

     甘い~匂いに~誘われたあたしはかぶとむし~♪

この詩を初めて聞いたとき、あたしは衝撃を受けました。
なんてステキな・・・・
なんてロマンティックな・・・・
こんなステキな物語をいつか書いてみたいと思うと同時に浮かんだ疑問は、

『男の人の耳は甘い匂いがするのか・・・・?』

耳の後ろには、フェロモンの分泌する箇所が確かにありますが、
それがホントに甘い匂いなのでしょうか?
あたしはこの質問を、クラスのみんなにぶつけてみました。

うちの学校は普通とは違い、結構なお嬢様が多い。
そのため、安易に男性とお付き合いしてる人は少ない。
普通の家の子もいるから、普通に恋愛を楽しんでる人もいるけどね。
とりあえず普通の家の『ゆなちゃん』に、甘い匂いを聞いてみた。
ゆなちゃんってのは、以前にこのブログにも書いた、
左足だけのミュールを買わされた、あの忌まわしい事件の元凶になった奴ね。

ゆなちゃんの答えは「そんなの臭いに決まってる」だった・・・・・
ちょいショック。
aikoは嘘つき?
いやいや、そんなことはないはずと、詳しく聞きなおしてみると、
実際に嗅いだことはないらしい。
想像で言っただけだったそうです。

のの 「今度彼氏の耳の後ろの匂いを嗅いで来い!」
ゆな 「えっ! ・・・・それはちょっと・・・・」
のの 「なんでよ。彼氏やったらいいやん」
ゆな 「じゃあ、なんて言うて嗅がしてもらったらいいん?」
のの 「嗅がせろ! ・・・でいいんちゃう?」
ゆな 「アホか! そんなん言うたらキモがられるわ!」
のの 「ええやん。もともとあんたキモいしwww」
ゆな 「殴っていい?」
のの 「ダメwww」
ゆな 「そう言えば、のんちゃん見合いしたんやろ。いい実験台おるやんw」
その他 「えええ! のんちゃん見合いしてたん!!」

わらわらと集まるクラスの友人たち。
バレるとうるさいから、秘密にしてたんだけど、
ゆなちゃんと、仲の良い数人には話してたか・・・・

どうやらあたしは地雷を踏んでしまったようです。

その後、みんなが勝手に話しを進めて行き、トンでもないことになってしまいました。
今週の土曜日、うちの学校は文化祭があります。
その文化祭に康太君を呼び、
あたしが自分で康太君の耳の後ろの匂いを嗅ぐということになってしまった。

ちくしょ~~~~~~~~~~~~~~っ!!!!!!!

どうしてこんなことになってしまったのか・・・・・
今となっては、悪ノリしたクラス全員を押さえつけることなど、いくらあたしでも不可能。
エライことになってしまった。
だいたいねェ、康太君は中1の13歳なのよ!
高1のあたしが、中学生の男の子の耳の匂いを嗅ぐなんて、完全に変態じゃない!
捕まるって!!
やばいよ!
絶対変な人だと思われて嫌われちゃうって!
康太君との付き合いが、これで終わるのは覚悟するけど、
あたしが変態として康太君の記憶に残り続けるのだけはなんとしてでも避けたい。
今クラスのみんなが、さり気なく匂いを嗅ぐ作戦を考えているようです。
そんな方法いくら考えたって出てこないわよ!!

余計な質問するんじゃなかった・・・・・
今はaikoの歌が、少しずつ嫌いになってきたよ。
あ、そうだ。
結果はこのブログに書くかどうか分かりません。
かなりハズいことになりそうだから。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-26 02:21

無題

まだ1人だけ紹介出来てない人がいます。
どうやら早い時間に落ちてしまうらしいので、もしかしたら永遠に会えないかも。
でも、冬休みになったらあたしも早い時間に来れるだろうから、
それまで気長に待ちますね。
って長すぎかww

天ちゃんにそれぞれ新メンバーのあだ名を決めてくれと言われたので、
いつものように、勝手に付けることにしました。
ただ、あたしが決めた呼び方を、みなさんが無理に使う必要はありません。
言いにくかったら、各自で仲良くなれるような呼び方を付けてあげてください。
でもね、みなさんが新メンバーの方々を、どう呼ぼうとそれぞれ自由でしょうが、
相手に不快感を与えるような呼び方だけはダメよ。

今回は呼びやすいように、オーソドックスにします。
面白みは無いけど、名前だからね。


山本 ゆかり  →  ゆかりん or 山さん

ワンタメ     →  ワンタメちゃん or タメちゃん

yakabu    →  やぶさん

hinatarou   →  けんちゃん or  もも色係長


まぁ・・・・・こんな感じでww
今はぼ~っとしちゃって、パンチの効いた良いやつが出てきません。
『蓋のない急須』とか『靴べら』とか『肉球大回転』とか、
付けられないような名前だけが、さっきから出てくる出てくる。
よし!今日はこれくらいで勘弁してやろうww

                    
                       お知らせ

10月27日(土)の23時より、ギルドコンペの閉会式をやります。
サーバ2chのベンチ(いつもの溜まり場)に集合です。
1chは人が多いから、他所のみなさんに迷惑がかかるので、
必ず2chに来てくださいね。
そのときにみなさんへの賞品を渡すようなので、
なるべく全員参加の方向でお願いします。
ムリなら仕方ないから、また後日に賞品をお渡しします。
詳しくは、ドンちゃんの方のブログをチェックしてください。
では、よろしくお願いします。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-25 02:20

奥様発見!

今日はタコスの奥様と一緒に遊びました。
え~~~と・・・・名前忘れちゃったww
タコスが来ないときにインできるらしいから、今後も遊ぶ機会は沢山あるでしょう。
とっても優しそうな人で、安心しながらコース周れました。
みんなも奥様と会えたら、一緒に遊んでレベル上げを手伝いましょうね。
・・・・・・って名前が分からないから無理だよねww

タコスのハニー!
これ見てるかな~~~?
あたし野々姫ですよ~~~!
キャラの名前はリセリナだったけど、中身はのの姫ですよ~~~!
あたしかなりヘタクソだったけど、あれは曲げたり焦がしたりする為のキャラだからね。
迷惑かけちゃってごめんちゃい。
グリーンが真っ黒になるくらい焦がしまくって。
でも、のの姫はちゃんとしたキャラだから安心して。
レベル上げも、ガンガン手伝わせていただきます。
見かけたら遠慮なく声かけてください。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-24 02:00

新メンバーをドド~ンと3人紹介!

新メンバーが4人も入りました。
まだそのうちの1人とは会ってないので、先に3人の紹介をします。

b0111846_1275310.jpg
まず初めは、「山本 ゆかり」さんです。
昨日の夜に、あたしがスカウトしました。
レベルがまだ低くて、1人ではなかなか
上がらないらしく、困ってるみたい。
みなさん、ドンドン誘ってくださいね。
4さむでレベル上げに協力しましょう!


b0111846_133534.jpg
次は、「ワンタメ」ちゃん。
この子はベルナルド☆のお子様です。
現在は中学1年生なので、
やっとあたしにも年下が出来ました。
まだレベルは高くないけど、
確実にあたしより上手い。
お姉さんとしての立場が崩壊しました。
今後はお姉さんに花を持たせることを
覚えましょうねww
あたしはいつも来る時間が遅いけど、
会ったときは誘ってね。


b0111846_1444685.jpg
最後は「yakabu」さんです。
この人もあたしがスカウトしました。
かなり以前からの友達なんですよ。
レベル1だったyakabuさんが、
突然あたしに声かけてきたの。
それから時々、一緒に遊ぶようになり、
この度うちに誘いました。
沖縄の人で気安い感じの人だから、
みんなも仲良くできると思います。
これからもよろしくね。






もう1人の新人は、ももちゃんがスカウトしたようです。
近いうちに会えるでしょうから、紹介はその時にね。

天ちゃんの『人さらいスキル』を、あたしも装備しましたww
いつのまに習得したんだろう?
まだ数人のメンバー候補がいるんだけど、誰でもいいってものじゃないし、
じっくり吟味しながら誘うかどうか、今後決めていくつもりです。
まだメンバー枠は5人くらい空いてるので、みなさんも良い人が見つかったら、
カジノガルドへ勧誘しましょう。

それから、みんなに注意を1つ。
あたしがこのブログで、新メンバーの紹介をしたときですけど、
誰も歓迎コメントを入れてません。
それって、寂しいでしょーが!
ゲームにインした時に挨拶したら良いってものではありません。
ちゃんとここでも「ようこそ!」って言ってあげてください。
あたしがサブで伽草子に入ったときは、
みんな伽草子のサイトで歓迎コメント入れてくれましたよ。
あれって結構嬉しいのよ。
ちゃんと迎え入れてくれたんだな~って思うと、緊張が少し緩和されるの。
みんなも新人として入ってきたときは、初めのうち緊張してたでしょ?
相手の心を考えて、自分は何をすればいいのか。
そこが大切なんです。
では、コメントよろしく。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-23 02:11

お帰りとおめでとうとあたしがんばれ!

b0111846_120541.jpgb0111846_1202854.jpg

















新メンバーのhinatarouさんです。
じつは新メンバーじゃないけど。
本性はkenji1108です(バラしてやったww)
何人かは知ってるでしょう。
カジノガルド結成時にいた、4人のメンバーの1人です。
ちょいと放浪癖があって、お留守にしてました。
あたしが首根っこひっ捕まえて、お話しても無駄だったのに、
天ちゃんが説得したら帰ってきた。
天ちゃんの「人さらいスキル」は底が知れません。
おそろしや・・・・・・・

けんちゃんはノンビリ遊ぶタイプだけど、誘ったらどこでも着いてきます。
だからドンドン誘って仲良く遊んでください。
上手くペースを合わせてくれる優しい人なので、安心してゲームできます。
あたしが超初心者のとき、けんちゃんも超初心者でした。
あの時は知り合いが居なかったので、けんちゃんがず~~と一緒に遊んでくれて、
ホントに嬉しかったし、安心してこのゲームに来ることができました。
紆余曲折はあったのかもしれないけど、
今後も安心してこのゲームに来れる日が、少しでも長く続きますように♪


このたび、セミプロ合格者が3人出ました。

ベルナルド☆    -6

押忍!番長    -4

ドラゴンハンター  -4

オメデトウございます!!!
みんないいペースで合格してますね。
今後もドンドンレベル上げて、ツアプロ目指してがんばりましょう!
それと、空ばっかり行かないで、たまには遊んでね。

―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―‐―

ギルド外の合格者

じーちゃんのサブ (サブだから名前は伏せます)

さとやんの奥様  (勝手に名前書いたら怒られそうなので伏せます)

お二人とも、おめでとうございます!
じーちゃん航海中には、海賊に気をつけてね。
さとちゃん、今度奥様と一緒に遊ぼうね。

置いてきぼり状態の、ののちゃんですが、そろそろ本気出します。
全然グラの練習してないのに、TOPで合格する気だったのが、
今となっては恥ずかしい。
次回の試験はちゃんとやります。
練習もちゃんとやります。
だって試験にも、そろそろ飽きてきたしね。
[PR]

by nonomiroom | 2007-10-20 02:05